うまいかどうかはこっちが決めるっちゅうねん。

カテゴリー分け・・というか、記事の性格を分けるのがむずかしーなあ。

自分の中のイメージで、ざっくり大きく分けると2つあった。

①みんなに、「これよかったよ~」って言いたい記事。読む人意識する。

一応テーマは一つに絞ってる。〇〇のレビューとか。

↑ 元々こういうブログにしようと思ってた。

 

②自分日記。何にも考えず。

↑ で、こういうのも書くのラクで楽しいから、入れていこうと思ってきた。

 

①の方が、読む人にはいいだろう、と思っていたけど・・思い返すと、自分が他の人のブログを読むときって、結構②が好き。

「この記事は人のため」とか、「この記事は自分のため」とか、分けれるもんじゃないなあ、っていう感じもしてきた

役に立つかどうかなんて、「書く人が決める」んじゃなくて、「読む人が決める」もんなんかな。。

そういや、松ちゃんが、「うま煮」のことを、「うまいかどうかはこっちが決めるっちゅうねん」、って言ってたなw

「うまく煮る努力」は必要だけど、それを作り手が「うま煮」って言っちゃうと、食べる人のハードルあげちゃうかもしれんね。

私どうしてもすぐ「役に立つ記事を!」って、肩に力入ることあるけど、読み手からしたら、「役に立つかどうかはこっちが決めるっちゅうねん」っていう感じかもしれんな~^^;