Amazonマケプレ出品して次の日に売れました。

ひさしぶりにAmazonのマーケットプレイス(中古品販売)にマンガを出品しました。
思うことを書いておきます。

6冊出品して、次の日に3冊売れました。
前より売れるのが早くなっているな~と感じます。

Amazonのサイト自体に人が増えているんでしょうか。。

―――――――――――――――――――

★Amazonマーケットプレイスで売れやすいもの

私が売れやすいなと感じるのは

①今、旬のもの。マンガ自体が有名なもの。(「聖☆お兄さん」など)

まだ本屋で新刊として売っている場合は、すぐ売れます。

コミックエッセイ

結構いつもすぐ売れます。

競合が少ないもの

昔のマンガでも、マケプレに出している人が少ない場合売れやすいです。

―――――――――――――――――――

★マケプレで売れにくいもの

逆に売れにくいものは、競合が1円でズラーッと出ている商品。。

この場合は出しても売れないことが多いですね。私はもう出さずにあきらめることもあります。

―――――――――――――――――――

★私が普段マケプレに出す時にやっていること。

こちらのAmazonセラーセントラルで商品を管理します。納品書を印刷したり、発送通知をクリックしたり。

私は値段は、送料250円を足しても、定価より少し安くなるように設定します。

競合がいる場合は一番安い人よりさらに安くして、最安値に設定します。

コンディションは、特に汚れがなければ「ほぼ新品」か「非常に良い」にします。

コメントは「すぐに発送します。美品です。一度読んだだけですので問題ないと思います。堪能したのでお譲りします」みたいな感じで、書きます。

発送はプチプチ封筒で、できるだけ早くやります。(自分が本を買った時に早く届いたらうれしいから^^)

ただでさえメール便は3日かかるので、できるだけその日の集荷に間に合うように準備します。

あと、宛名の下に「お待たせしました」と一言添えたりします。(受け取った人がちょっとだけうれしいかな、と思って。)

そんな感じですかね。。

―――――――――――――――――――

★Amazonマケプレのメリット、いいところ♪

私が感じるAmazonマケプレ(マ-ケットプレイス)のメリット、いいところは、

1.ヤフオクと違って写真を撮らなくていいところですね。

2.あと決済をAmazonが代行してくれるので、売れた時点でもう集金が終わっているのがありがたいですね。

3.それから、評価を付け合わなくていいのがラクです^^

4.送料が250円と一定なのも気に入っています。誤差はありますが、まあ、妥当な感じかな~と。

5.なんとなく全てにおいて、効率的でシステマティックなので気持ちいいです。