時代を先取り。骨太な人間ドラマ/「課長島耕作」弘兼 憲史

最近ハマっているのがこれ。「島耕作」シリーズです。
課長島耕作 (1)  新装版
1人のサラリーマン島耕作の人生と、戦後の経済などについて
かなり詳しく書かれてあり、よみごたえたっぷりの漫画です。

ビジネス書読むより、経済のこととか分かりやすくていいんですよね^^

アメトークの「島耕作芸人」でも言ってたけど、ちょっと時代をリードしてる感があるんです。中国、インドの話もそうだったし、今の社長編はブラジルだしね。

最初は課長で始まった島さんも、部長、専務、取締役、社長、そしてついに会長にまで出世。

若いころに戻った話、ヤング、主任編まであり、パズルのピースが組み合わさって一つのドラマになるさまは、さながら名作「火の鳥」のよう!

―――――――――――――――――――

◆光る名脇役たち!

あと、個性的な名脇役サラリーマンたちが、がっちり脇を固めます。

私は中沢部長の人柄のよさが好きなんです。。島耕作をかばってかっぽれ踊るシーンとか
すん、ごい好き。ジーン・・とする。

ほら、島さんまじめだからー。ああいうかばってくれる上司っていいなあって思うんですよ。
(ドラマ化されるなら小林稔侍さん希望)

それからやっぱり、秀逸キャラは、ダメリーマン今野さんでしょう。。
これがまあ、ほんとどうしようもない、いやな奴で、ダメな人なんですよねー。

でも、現実だと、島耕作みたいなスーパーかっこいいサラリーマンより
今野さんみたいなダメな感じのサラリーマンの方が多いよね・・。

そして今野さんの最後がまた・・。くーー。
やはり、悪役が光るドラマはおもしろいっ。

―――――――――――――――――――

◆いいこと言うなあ

ヤング編で、まじめな同期に相談されたときの、島耕作のセリフ、

「人生は、半分は自分でどうにかできるが、半分は自分でどうにもできない。


それなら、そういうもんだと思う方が、いいんじゃないか。」

がよかったです。

(ヤング編だったか、ヤング主任編だったか。。すいませんうろ覚え)

ヤング島耕作 (1)
―――――――――――――――――――

最後には

会長 島耕作(1) (モーニングKC)
ついに、会長になっちゃった。