ソフトで、強い女性。憧れるなあ。/「涼子さんの言うことには」ヤマザキ マリ

涼子(母):「だいたい人ってのは自分と違う生き方をする人に、慣れるまで時間がかかんのヨ。でも粘ってると、それも、あたりまえなんだって思うときがくるはずヨ。粘っている間は情熱が守ってくれるから大丈夫!!」

ルミ(娘):「情熱?情熱ってどんな・・?」

涼子(母):「愛する家族や大切な自分のために一生懸命生きること。生きることそのものが情熱よ!



―――――――――――――――――――

◆ルミマヤ姉妹がかわいい(*´∇`*)

ローマと日本をつなぐお風呂の話、「テルマエ・ロマエ」は、本当に一大ブームになりましたよね~^^今度、映画でパート2もやるし。

その作者、ヤマザキマリさんの作品は、他にもいいものがいっぱいありますね。

私が特に好きなのが、このかわいい「ルミマヤ姉妹シリーズ」です。

「ルミとマヤとその周辺」は、昭和の北海道を舞台にした2人の姉妹の話。

この妹マヤが、めちゃくちゃかわいいんです~。。本当に妹気質というか、どうしようもなくて目が離せない感じで・・(*´∇`*)♪

ほんわかあったかくて、少し切ない話が多いです。

++++++++++++++++++++++++++++++

◆続編「涼子さんの言うことには」

そして、当記事の冒頭で紹介した作品は、ルミマヤシリーズの続編、「涼子さんの言うことには」です。

こちらはお姉ちゃんのルミにスポットが当たっています。お姉ちゃんのルミが中学生になって、ヨーロッパに一人旅に行くという話です。

それに出てくるルミとマヤの2人のお母さんが涼子さん。バイオリニストでとてもステキな人です。一見ほんわか柔らかそうに見えて、とても芯の強い女性です。

女手一つで、ルミとマヤを一人で育てて周りからいろいろ言われますが、それに負けない強さがあり、娘への愛、バイオリンや音楽への情熱を持っている人です。

(確か作者ヤマザキマリさんのお母さんがモデルだったかな?でも実際のお母さんは、もっとパワフルな人だったらしい^^;)

ルミとマヤが活躍するところは、ちょっとほろ苦くてあたたかい、ひだまりのような暖かさ。

そして涼子さんの出てくる場面は、その名の通り、涼やかな風が吹きます。

ここまで情熱をささげられるとものに出会えて、うらやましくも思えます。

やわらかくて、そして強い女性。んー憧れるな~(*´ω`*)

涼子さんの言うことには (KCデラックス)