中村パーソンの行方が気になる。。/「俺はまだ本気出してないだけ」青野春秋

「俺はまだ本気出してないだけ」を、久々に一気読み。


style="display:inline-block;width:468px;height:60px"
data-ad-client="ca-pub-3653981871088055"
data-ad-slot="2121097076">


好きなんですよね。このマンガ。

大黒シズオ、いや、中村パーソンが
なんか安心できる、ダメっぷりって感じで。。^^;

40才過ぎて漫画家を目指し始めるおっちゃんの話なんだけど
笑えるし、それでいて、ところどころイイ話が挟まれるのだ。

俺はまだ本気出してないだけ 1 (IKKI COMICS)

青野 春秋 小学館 2007-10-30
売り上げランキング :
by ヨメレバ

シズオのお父さんも好きなんです。
シズオがあまりにだめなので、情けなくてだーって泣いちゃうのが。

シズオのバイト先の若い子が、人殴ってバイトやめちゃったときに
お父さんがバイト君に

「ダメだな・・。でもダメじゃない人は見たことない。」っていうところも好きです。


あとお母さんのシーンは、毎回泣いちゃいます。。

「ごはんづくってくれたあ・・」
うぅ。・゜・(ノД`)・゜・。

――――――――――――――――――――
※追記 2012年9月

ついに最終巻、5巻出ましたね~。
パン屋さんの話、またグッときて泣いちゃいました(/ _ ; )

映画化もされるそうで・・。

大黒シズオが、堤真一かあ~・・。
うーん。かっこよすぎるなあ~。

なんかもっとだめっぽい人・・。
蛭子さんとか?

いや・・なんか
もっとクマっぽいおじさんの役者さん。

ハマり役の人探せば、いそうだけどなあー。


全巻買いでも5冊なので大人買いしても大丈夫。
【Amazon】で「俺はまだ本気出してないだけ1-5巻(全巻セット)」を見る
【楽天ブックス】で「俺はまだ本気出してないだけ1-5巻(全巻セット)」を見る
わ。映画もうDVDになってるんだー。
あれ、堤さん、結構いー感じでダメ感出てるかも~。
【Amazon】でDVD「俺はまだ本気出してないだけ」を見る
【楽天ブックス】でDVD「俺はまだ本気出してないだけ」を見る







みずみずしくほろ苦い青春物語/「ラウンダバウト」渡辺ペコ

渡辺ペコさん、ダイスキです。

話がとても繊細で、少し変化球なところがいいです。
視点が少し変わってるところも好きです。

絵は女の子はかわいいし、男の人はかっこいい。

ほとんど全部の作品が好きだけれど、中でもこの「ランダバウト」はすごく好きな作品です。
ラウンダバウト 1 (クイーンズコミックス)
主人公の真が、つっこみどころ満載で、目が離せなくて、かわいーんですよね~^^

私がこの作品で一番好きなのは、学校に行かない真の同級生の女の子と、ちょっとユルめの若い男の担任の先生との会話のシーンです。

学校に行きたくない水上さんの気持ち、すごく分かるし、先生もおしつけがましくないのがすごくいいんですよ~。いい先生だなーって心底思います。

roundabout.jpg
先生 : あのさ、学校のどーゆーところがキライ?
水上 : そんなのすごくいっぱいある。
先生 : 言ってみてよ。

水上 : やりたくもないし、納得できないことを、当然のように強制されるのがキライ。女の子たちが毎日やたらキャアキャアしてるのがイヤ。男子が下品でバカでうるさくて失礼なのがイヤ。

先生たちが威張ってて、怒る時に大きな声出すのが頭悪そうでキライ。給食もキライだし、食べるときに班ごとに机を向かい合わせるのも大っ嫌い。

すごく居心地の悪いところに、一日の半分いなくちゃいけないことが苦痛。

いつまでたっても学校になじめなくて、誰とも仲良くなれない自分がすごくみじめで、価値がなくてダメに思えてしまうことがつらい。

先生 : わかるなー
水上 : いいよ ムリしなくて

先生 : ムリじゃないよー。オレそれで学校やめたし。高校だったけど。すげーでっかい爆弾が落っこちて世界が早く終わっちまえばいいのにって毎日思ってた。

あのさー今度はオレが3つ話していい?
水上 : うん

先生 : 年が若くても何かを嫌ったりどうしても許せないと思う権利はある。

水上が自分を守るために学校には行かないっていう選択を本気でしたのなら、オレはそれを支持するし尊重するよ。

ただその選択には責任を持ってほしい。それを人のせいにしたり、何かの言いわけに使わないこと。それが2つめ。

それから最後。世間でいわゆるメジャーではない道を選んだら、人とは違う努力や方法が必要になることもある。それをちゃんと覚悟すること。年が若くてもね。

水上 : うん

先生 : じゃあもういっこ。何か力が必要なときは、オレは協力するし、応援する。だからそういう時には声をかけてほしい。以上。

水上 : 先生― 。。4つじゃん・・。

先生 : ねえ^^
水上 : ねえって。。


ラウンダバウト 1 (クイーンズコミックス)
 

 

 

自分もがんばろ~っとパワーがもらえる♪/「バラ色の聖戦」こやまゆかり

「バラ色の聖戦」。子供2人のママがモデルを目指す話ですが、すんごくおもしろいです。夢中になって読んでます。

主婦が何かやろうとしたら、周りからすごく反対される、っていうシーンがあって、分かるな~と思っちゃいます。。

だんなさんはもちろん、自分の親、相手の親、ママ友・・。社会ってまだまだそういう感じ、強くあるよな~と思って共感します。

女性の仕事と家庭、生き方の葛藤が、リアルに描かれていて、すごく好きな作品です。

主人公の真琴に、つい肩入れして「がんばれーっ」て思って、読んでるとすごくパワーもらえます☆

私は、こやまゆかりさんの描く主人公の女の人の、「自然な前向きさ」が好きです。

「キラキラ~ポジティブ~☆」過ぎないというか、マンガマンガしすぎてない、というか・・。

悩みながら、落ち込んだりもするけど、でもがんばりたい・・みたいな感じ。

1/2の林檎」のひかるもそうだったし。この真琴も。好き♪

バラ色の聖戦(1) (講談社コミックスキス)こやま ゆかり 講談社 2010-02-12
売り上げランキング :
by ヨメレバ
それにしても・・(以下ネタばれあり)

“自分もがんばろ~っとパワーがもらえる♪/「バラ色の聖戦」こやまゆかり” の続きを読む

ソフトで、強い女性。憧れるなあ。/「涼子さんの言うことには」ヤマザキ マリ

涼子(母):「だいたい人ってのは自分と違う生き方をする人に、慣れるまで時間がかかんのヨ。でも粘ってると、それも、あたりまえなんだって思うときがくるはずヨ。粘っている間は情熱が守ってくれるから大丈夫!!」

ルミ(娘):「情熱?情熱ってどんな・・?」

涼子(母):「愛する家族や大切な自分のために一生懸命生きること。生きることそのものが情熱よ!



―――――――――――――――――――

◆ルミマヤ姉妹がかわいい(*´∇`*)

ローマと日本をつなぐお風呂の話、「テルマエ・ロマエ」は、本当に一大ブームになりましたよね~^^今度、映画でパート2もやるし。

その作者、ヤマザキマリさんの作品は、他にもいいものがいっぱいありますね。

私が特に好きなのが、このかわいい「ルミマヤ姉妹シリーズ」です。

「ルミとマヤとその周辺」は、昭和の北海道を舞台にした2人の姉妹の話。

この妹マヤが、めちゃくちゃかわいいんです~。。本当に妹気質というか、どうしようもなくて目が離せない感じで・・(*´∇`*)♪

ほんわかあったかくて、少し切ない話が多いです。

++++++++++++++++++++++++++++++

◆続編「涼子さんの言うことには」

そして、当記事の冒頭で紹介した作品は、ルミマヤシリーズの続編、「涼子さんの言うことには」です。

こちらはお姉ちゃんのルミにスポットが当たっています。お姉ちゃんのルミが中学生になって、ヨーロッパに一人旅に行くという話です。

それに出てくるルミとマヤの2人のお母さんが涼子さん。バイオリニストでとてもステキな人です。一見ほんわか柔らかそうに見えて、とても芯の強い女性です。

女手一つで、ルミとマヤを一人で育てて周りからいろいろ言われますが、それに負けない強さがあり、娘への愛、バイオリンや音楽への情熱を持っている人です。

(確か作者ヤマザキマリさんのお母さんがモデルだったかな?でも実際のお母さんは、もっとパワフルな人だったらしい^^;)

ルミとマヤが活躍するところは、ちょっとほろ苦くてあたたかい、ひだまりのような暖かさ。

そして涼子さんの出てくる場面は、その名の通り、涼やかな風が吹きます。

ここまで情熱をささげられるとものに出会えて、うらやましくも思えます。

やわらかくて、そして強い女性。んー憧れるな~(*´ω`*)

涼子さんの言うことには (KCデラックス)
 

 

 

働き女子の本音・もやもやに共感☆/「すーちゃん」益田 ミリ

すーちゃん : 自分探しって何だよ。

世界にたったひとりしかいない本物の自分を
自分が探してどうすんの。


それじゃあ自分がかわいそうだよ。


女子の、いろいろもやもや、本音がいっぱい。。

特にこのシーンはなんか、クルのです・・(/ _ ; )

益田ミリさんは、びみょーな女子同士の人間関係を描くのがすごくうまいな~と思います。

よくぞゆーてくれました、的な。そうそう、って共感しまくり。

自分が嫌で、変わりたい、と思ってたすーちゃんだけど、最後には「自分を変えるんじゃなくて、新しい自分を増やしていくって考えるといいのかも・・」となるのです。

これすごくいいな、と思いました。

あと、夜にごちゃごちゃ考えてしまったとき、「今、お風呂に入るのは正しいことだ」っていうのもいいです。ときどき使わせてもらってます^^

ついぐるぐる考えちゃう人とか、働き女子にはオススメ。

すーちゃん益田 ミリ 幻冬舎 2006-04
売り上げランキング : 50537
by ヨメレバ
いい人の土田君(32)が主人公の、この話も好きです。
レビュー→「オレの宇宙はまだまだ遠い」益田ミリ

切なさ成分多め/「3センチメンタル」 板羽 皆

じーやん : 「 スズ。 」

じーやんが出かける前に言った。

じーやん : 「 人間は・・生きとる命は・・元々喜んどるんや。
不幸と思うのは人と何かと比べるからなんや。
スズの命は元々喜んどるんやで。 」

すず : 「 じーやん、別れぎわに難しい話するなあ・・ 」

suzu1.jpg suzu2.jpg

サムライカアサン」で有名な板羽皆さんの作品はどれも、笑えて、ちょっとほろりとする人間ドラマがていねいに描かれています。

サムライカアサンは「笑い成分」多めで、この「3センチメンタル」は「切なさ」成分が多めだったかな。。

このじーやんの「命は元々喜んでる。」っていうセリフがじーーん、、ときました・・(/ _ ; )

3センチメンタル 1 (アフタヌーンKC)

板羽 皆 講談社 2010-02-05
売り上げランキング :
by ヨメレバ
3兄弟のお話。

 

 

ほのぼのかわいい♪/「コアソビー」おおひなたごう

オフィスユー「Office You」。毎号買ってます。

月刊まんが雑誌で、辞書みたいに分厚いから読み応えがたっぷり^^毎月23日発売

office you (オフィス ユー) 2012年 03月号 [雑誌]集英社 2012-01-23
売り上げランキング :
by ヨメレバ
私の好きなのは

・ 「マネーの王子様」/木元ひわこ
お金の節約術とかがためになるし面白い

・ 「ふれなばおちん/小田ゆうあ
おばちゃん主婦が恋に落ちてしまってこの先どーなるの、気になるわ、的な

・ 「おいでよ動物病院/たらさわみち
動物がかわいい

・ 「Bar白色天/森田智
なんでしょうこの独特な緊張感。サスペンスタッチ。心の隙間おうめします。喪黒福造どーーん!の現代版少女マンガ版みたいな。。

・ 「Do Da Dancin’!/槇村さとる
槇村さとるさんが好き

とくに今月号(2012年3月号)で、おもしろかったのは
コアソビー/おおひなたごう

「コアソビー」は「子遊びー」のことで、お父さんが、小学生低学年?くらいの息子エイゴウ君と遊ぶマンガです。

今回は宝探しをやってノリノリのエイゴウ君。

で、お父さんもノってきて、紙袋をかぶって魔人の役をやったら、エイゴウ君はマジでちょっと怖くなってきちゃった・・というw

なんともほのぼのー、かつ、かわいおもろい話でした(≧▽≦)

単行本出てるのかなー。
ほしいな。
―――――――――――――――――――
追記。単行本出てましたー^^v
コアソビーおおひなた ごう 集英社 2013-02-25
売り上げランキング :
by ヨメレバ
 

 

 

優しすぎる歌声。エレカシ「翳りゆく部屋」がいい。。

エレカシ宮本さんが歌う「翳(かげ)りゆく部屋」が、すごくいいです。好きです。。

エレファントカシマシ「翳りゆく部屋」



元々はユーミンの曲で、淡々とした感じの歌なのです。

それを宮本さんが歌うと、激しくなるのかと思いきや・・

すごく・・優しい!!・゜・(ノД`)・゜・。

胸がぐぅうっ・・と締め付けられて、ほんと泣きそうになります。。

「 ♪ なげやりな別れの気配を~横顔に~、」で手を顔に当てるしぐさとか、

無造作にギターを置いちゃうとことか、いい・・。

全部がすごくいい・・。

―――――――――――――――――――

「翳りゆく部屋」は椎名林檎嬢も、歌ってますネ。
林檎ちゃんバージョンもまたいい。歌い方が、ぐっとキます。

この曲は素敵な人を引き寄せるのでしょうか。。

こちらのユーミンカバーアルバム「DearYuming」に入っています。
(リンク先で45秒間だけ視聴できます。8曲目です。)

Dear Yuming~荒井由実/松任谷由実カバー・コレクション~
この1曲のために、アルバム1枚手に入れる価値アリ。

 

 

今日を大切にしようと心から思える作品/「さよならもいわずに」上野顕太郎

突然最愛の奥さんを亡くしてしまったたマンガ家の
悲しみを描いた実話。

さよならもいわずに (ビームコミックス)上野 顕太郎 エンターブレイン 2010-07-24
売り上げランキング :
by ヨメレバ
本屋で表紙を見たときから、たぶんいい作品だと
思ってたのだけど、きっとつらそうだから
読むのを少しさけていた。

でも「このマンガがすごい」に載っていて
やっぱり読みたくなり、買った。

勘は当たっていた。
いや、予想以上にすばらしい作品だった。

読んだあと胸がいっぱいになってしまい
余韻がしばらく残っていた。

だんなが帰ってきたときに
「ん?どうした?」って言ったくらい
なんだか本当に胸にきていた。

今のだんなとの生活を本当に大切にしようと
心から思った。

「ただいま」「おかえり」が言える幸せを
忘れちゃいけないと。

途中何度も泣いてしまった。

胸にせまってくるシーンがいくつもあった。

たぶんこの作品はこれから何度も何度も
読み返すことになるだろう。

そして読むたびに、日々の幸せを
確認していくような気がする。

こういう作品に出会ったときに
本当によかったな、と思う。

ぐっときたシーンはたくさんある。

(以下ネタバレあり)

 

 

まず生きていたキホさんをだんなさんが
最後に見たシーンのアップの顔。

これがなんとも言えない表情。

キホさんがだんなさんに「いいシリしてまんなあ」とか言って
2人であそぶところ。なんだか本当に切ない。

お通夜に友達が「キホちゃん寒いといけないから」と
青いショールを持ってきてくれて、だんなさんの
張り詰めていた糸が切れてしまうところ。
ここはつらかった。

喪中はがき。
「奥さんのいる人は大切にしてあげてください。」という
のがとても切なかった。
天国で大好きなカニを食べている奥さんの絵がとてもよかった。

そして、一番印象的だったのが、
キホさんのいろんな「おかえり」を集めたシーン。

料理しながらだったり、布団に入りながらだったり
ゲームしながらだったり。。の「おかえり」

とてもリアルだった。
涙が出た。

だんなはもし私がいなくなったらこんな風に
いろんな「おかえり」を思い出すんだろうか?

私はだんなの「ぅいー(ただいま)」を
思い出すのだろうか?

そんなことを思うとまた涙が出てきてしまった。

とにかく本当にいい作品だった。
作者の方は書くのがつらかったと思う。

でも書いてくれてありがとう、と心から言いたい。
さよならもいわずに (ビームコミックス)上野 顕太郎 エンターブレイン 2010-07-24
売り上げランキング :
by ヨメレバ

「特上カバチ!!」で私が毎回泣いてしまうシーン

ナニワ金融道は町金の話だから、ドロドロヒリヒリだけど
カバチタレは行政書士の話で、もう少し人情よりな感じ。

絵が少しソフトだし、事務所のメンバーが仲がいいのが好きだ。
どっちも好きでおもしろい。
(以下ネタバレあり。)

カバチタレ!(1) (モーニングKC (657))[Kindle版]青木雄二,田島隆,東風孝広 講談社 2012-10-23
売り上げランキング :
by ヨメレバ
「カバチタレ」の毎回泣いてしまう話は。。

特上カバチ!!13巻と、14巻

おじいちゃんが酒屋の商売を続けたいけれど、ちょっと物忘れが多くなってきて、息子夫婦がもうやめさせたいっていう話。(こういうおじいちゃんもの弱いんだわ。。)

でもそのおじいちゃんにとっては、人生をかけてきた店だから、年を取ったからってそう簡単にやめたくない。。

携帯ショップで、さんざんややこしいこと言われて、なんとか契約できたのに、どぶに落としてしまうところとか、もうだめ。。いっつもぼろぼろ泣いてしまう。。

で、さんざん息子夫婦と衝突してしまうんだよね。。意地の張り合いみたいになっちゃって。。


最後におじいちゃんが亡くなったあとに、出てきた遺言の中の一文。

「自分と似てるから衝突することが多かったけれど、自慢の息子。」

。。。・゜・(ノД`)・゜・。わあああん

いつもここで涙腺が故障状態に・・。
特上カバチ!! -カバチタレ!2-(13) (モーニングKC)[Kindle版]田島隆,東風孝広 講談社 2012-09-28
売り上げランキング :
by ヨメレバ
特上カバチ!! -カバチタレ!2-(14) (モーニングKC―カバチタレ! (1731))[Kindle版]田島隆,東風孝広 講談社 2012-09-28
売り上げランキング :
by ヨメレバ
 

 

 

「ナニワ金融道」で私が毎回泣いてしまうシーン。

「ナニワ金融道」から「カバチタレ」へと青木シリーズを読み返している。

ナニワの方はマチ金の話だけあって、痛いことが多い。ドロドロ。ヒリヒリ。

ナニワ金融道(1) (講談社漫画文庫)青木 雄二 講談社 1999-03-12
売り上げランキング : 318324
by ヨメレバ
「ナニワ金融道」で読むたび毎回泣いてしまうところがある。

(復活版、全6巻の2巻。単行本や文庫本では何巻かちょっと分かんない。すんません。)

灰原君がダイヤルQ2の商売を思いついて、ある社長に持ちかけたら、最初は商売がうまくいくんだよね。。もう社長が喜んじゃって・・。

灰原君たちを接待するんだけど、接待するのも5年ぶり。夫婦で服も新調しちゃって・・すごくうれしそうなんだけど、実はその商売には穴があって、、。灰原くんは、喜んでいる社長にそれを告げなくてはいけない。

灰原君は土下座して「夜逃げしてほしい」と謝る。すると社長は、灰原君を責めもせずに

「自分がこの話にのったんやから、自分のせいだ。今日は最後まで接待させてくれ」と。

ぅぅー(ToT)/
ここが読むたび泣けるんですわ。。なんか琴線に触れるんだなああ。

あと、カバチタレにも毎回泣いてしまうシーンがある・・。

 

 

 

 

誰もせめられない映画

映画「ひまわり」を見る。

昔「自分ぽい」って人に言われたことがあって、ずっと気になってた。

見終わって、切ない映画・・と思ったけど、結局私っぽいってどういうことか
分からなかった。

どの辺だろう。まさか卵24個使ってオムレツ作るとこじゃないよね。。

切ない名作

夕べたまたまつけたテレビで「ローマの休日」をやっていて
最後まで見てしまった。

んー。名作すぎる・・!

何度か見たことあるのに「あれ。こんなに切なかったっけ。」と
うるうるしてしまった。

特にラストシーン。王女を見つめる優しさと切なさに
満ち溢れたグレゴリーペックのなんともいえない表情。。

あれ、ちょっと忘れられないなあー。

なんだろ。最近の映画だったら王女が地位を捨てて
あなたと一緒になるわ!でハッピーエンド!になりそう。

それが全くならないのがもどかしくていいぜ!

あのあとのことを想像した。

王女は写真しか残ってなくてその後のジョーのことを知るすべが
ないから、日々記憶が薄れていくのかもしれないけれど、

ジョーはニュースなんかで王女のことをずっと知るんだろうな。
見るたびつらいな。。

妙に胸が痛んだ夜でした。


時代を先取り。骨太な人間ドラマ/「課長島耕作」弘兼 憲史

最近ハマっているのがこれ。「島耕作」シリーズです。
課長島耕作 (1)  新装版
1人のサラリーマン島耕作の人生と、戦後の経済などについて
かなり詳しく書かれてあり、よみごたえたっぷりの漫画です。

ビジネス書読むより、経済のこととか分かりやすくていいんですよね^^

アメトークの「島耕作芸人」でも言ってたけど、ちょっと時代をリードしてる感があるんです。中国、インドの話もそうだったし、今の社長編はブラジルだしね。

最初は課長で始まった島さんも、部長、専務、取締役、社長、そしてついに会長にまで出世。

若いころに戻った話、ヤング、主任編まであり、パズルのピースが組み合わさって一つのドラマになるさまは、さながら名作「火の鳥」のよう!

―――――――――――――――――――

◆光る名脇役たち!

あと、個性的な名脇役サラリーマンたちが、がっちり脇を固めます。

私は中沢部長の人柄のよさが好きなんです。。島耕作をかばってかっぽれ踊るシーンとか
すん、ごい好き。ジーン・・とする。

ほら、島さんまじめだからー。ああいうかばってくれる上司っていいなあって思うんですよ。
(ドラマ化されるなら小林稔侍さん希望)

それからやっぱり、秀逸キャラは、ダメリーマン今野さんでしょう。。
これがまあ、ほんとどうしようもない、いやな奴で、ダメな人なんですよねー。

でも、現実だと、島耕作みたいなスーパーかっこいいサラリーマンより
今野さんみたいなダメな感じのサラリーマンの方が多いよね・・。

そして今野さんの最後がまた・・。くーー。
やはり、悪役が光るドラマはおもしろいっ。

―――――――――――――――――――

◆いいこと言うなあ

ヤング編で、まじめな同期に相談されたときの、島耕作のセリフ、

「人生は、半分は自分でどうにかできるが、半分は自分でどうにもできない。


それなら、そういうもんだと思う方が、いいんじゃないか。」

がよかったです。

(ヤング編だったか、ヤング主任編だったか。。すいませんうろ覚え)

ヤング島耕作 (1)
―――――――――――――――――――

最後には

会長 島耕作(1) (モーニングKC)
ついに、会長になっちゃった。

 

 

 

 

名曲ぞろい「私と放電」椎名林檎

ずっと気になっていた林檎嬢の「私と放電」を買いました。

「眩暈」が好きだあ。ストライクど真ん中な曲調。。
ちょっと林檎ちゃんの曲にしては異色?な感じ。

私と放電
あと「膨らんできちゃった」あたりの
荒々しいバンドサウンド。

最近の洗練された林檎節に慣れていたからか
最初はちょっと、ん?だったけど

だんだんとあのザ・初期衝動なチープな感じがくせになってきた。。

歌詞にしろサウンドにしろ尖ってる林檎ちゃんが好きなんですよねー。

それにしても幅広いなあー。バンドもピコピコもジャズも
何でも取り入れて、でも自分色。すごい。

しばらく音楽から離れてたけれど、またいろんな音楽を
聞きたくなってきた。。

 

 

 

りんごと小雪とPちゃんと

M-1のファンクラブ入ってしまいました。

何も送られてこないんだけど大丈夫?

準決勝のチケット先行発売のためなので
22日の発売日までに来てもらわないとー。(ハラハラ)


久々にカラオケに行ってさんざん「三文ゴシップ」
歌い倒してきました。「旬」が気持ちよかった。

東京事変の「私生活」もいい曲だなあ。

「酸素と海とガソリンと、たくさんの気づかいを浪費してるー
生活のため働いてーぼくはまちを平らげるー」

ぐるぐる回る。。

私はどうやらいい歌詞とダイナミックな曲調が好みのようだ。


映画「私出すわ」を見てきた。
(以下ネタばれあります)

ん−・・。
テーマが「お金」で目のつけどころはいいのになあ。

素材はいいのに料理しきれてない感じ。
期待してただけにちょっと残念。。

たとえば陸上選手が手術のお金を友達に全部出してもらったら
もっと泣いて感謝するような気がする。

「一生かかっても返すから!」って言うと思う。

そのへんがなくてサラッと受け取ったりするのが
リアリティがなかった。

「友達がお金を出す」っていう変な部分を浮かび上がらせるには
他の部分はもっとリアルじゃないと物語に入っていきにくいかなあ。

しかしサキ役の黒谷有香はよかったー。
「ギラギラした女」な感じがはまってた。

あと車掌の奥さんも。
あの二人は良かった。


そのあと家で「ブタのいた教室」を見る。
こっちの方が断然よかった。

子供も妻夫木くんもかなり自然な演技だったのがよかった。
一体監督さんはどうやったのだろう、と思った。

特に転校生の女の子がお母さんにブタの話をするところ。
演技と思えないぐらい自然で、ドキュメンタリーとかで話してるようだった。

ただPちゃんをどうするか、だけに論点が行ってしまってたので
先生が元々子供たちに考えてほしかった「命の大切さ」を
考える授業を挟んだ方がよかったのでは。。と思った。

Pちゃん(育てたブタ)とそれ以外のブタの違いとか

そうでないとただ「食べる派」と「食べない派」の言いあいばっかりに
なってしまってたから。

でも見てる間、かなり力入ったし、泣けた。

大阪の小学校であった本当の話なんだってね。
それをやろうとした先生すごいなあ。


80億年後の地球

ナショナルジオフィックで地球の最後についての番組を見た。

地球はあと10億年で生物がいなくなるらしい。

太陽は、今は月くらいの大きさに見えているけど、今後どんどん膨張して空の半分くらいの大きさに見えてくるらしい。(こわ。)

地球の温度はどんどん上昇。
海は全部蒸発して、山も削れてツルツルになる。

そしてとうとう80億年後には太陽に飲み込まれる。。

こんなスケールの大きい話が好きだ。
胸のあたりがじわーんとする。

そのあとの日々の生活を一生懸命生きようと思えてくる。
悩んでることがめちゃくちゃ小さく見える。

まさに「70年なら一瞬の夢さーやりたくねーことやってる暇はねえー」

宇宙についてもっと知りたい。。

今地球を救おう、とかいろいろやってるけど、80億年後には結局何もなくなるんだなー。

それをいっちゃあおしめーよ、だけど。
ちょっとトリップできた。




閑話休題。日常に戻ることにする。

最近読んだよかった本の話。

益田ミリのイラストエッセイはなんかいい。ちょっと他の人とは違って鋭くて
少々毒があるように思う。

好きなのは、「すーちゃん」、「ふつうな私のゆるゆる作家生活」。
週末、森で」もよかった。

闇金ウシジマくん」、怖いし気分すら悪くなるのになぜか新刊が出ていると
買ってしまう。。

金貸しとかお金にまつわるマンガは数多くあれど
この作品が私は一番こわい。

でもウシジマ君、やってることはえげつないけど
見た目は好み、と思ってしまう自分も少しこわい。

 

 

 

女が惚れる林檎嬢

だ、 れかがーあなたをほめそやしてもー

昨日見たSONGSの林檎嬢の歌が朝から離れない

わたしはー 姿勢をくずさなあい

背中がぱっくりあいた素敵なお召し物で歌う林檎ちゃん。
この歌いいなあー。頭ぐるぐる回るなあ。

しかしこの人のスの顔が覚えられない。
曲によって秋野洋子とか南野洋子とかに見える。

松尾スズキさんとしゃべってるときはピンクレディーのミーちゃんに
見えたし。

歌舞伎町歌ってるときは、オットはタイのオカマみたい。って。
おかまて。いや。分かるけど。それぐらいきれいてことす。

杉本彩もきれいすぎておネエみたいって言われてたし。
美しすぎる人はオネエに近づくという不思議。

そういえばオカマて言葉あかんのかな?もしそうならごめんなさい。
なんていうのがいいのかしら。ニューハーフ?

「ありあまる富」を唄うときに、ちょっとだけすねたような
唇とがらすような表情をするのがかわいいっと思う。

タンバリンを叩く姿すら絵になるのだなあ。

「流行」もかっこいい。後ろのマネキンダンサーが気になる。
あの踊り覚えたい。

「密偵物語」も疾走感が気持ちいい。ゴンゴーン!

「罪と罰」もめちゃよかった。あの感情高ぶり感。
あの頃のヒリヒリ感好き。

どの曲もいいなあ。

三文ゴシップの中で好きなのは、えー

タイトルが分からないけど、前奏にひずんだギターが
入ってて 声が拡声器みたいになってる早い曲。

共犯者・・とかいう歌詞があったような。

林檎ちゃんは何より第一線でやってるところが
かっこいいと思うのです。こんな日本の音楽界で。

単なる想像にすぎないけど切り開く人は
いろいろごちゃごちゃ言われるんだろうなーと。

でもそれを軽くはねのける圧倒的な存在感が好きです。

三文ゴシップ

君には富があふれてる。

Mステ
ほとんど見たことないけど林檎ちゃんが気になって見る。

なんかNHKの番組みたいな空気だなあ。と思う。
ぜんぶ台本に決められているような。

笑うところまで。

林檎ちゃんて声がすんごい低いね。
でも唄うといろんな声になる。

あー新曲好きだなあ。
「ありあまる富」

タイトルだけでまたどんな内容かとそそられていましたが
歌詞がよかった。。

イントロアコギでひとりでお歌いになられましたが
ギター上手だなあって思った。