劇団ひとり&大泉洋・映画「青天の霹靂(へきれき)」よかったよ~(ネタバレ有口コミレビュー)

映画「青天の霹靂(せいてんのへきれき)」見てきました♪

大泉洋が好きで、劇団ひとりの作る世界も好きなので見に行きました。柴崎コウも好きだし♪

よかったよ~。以下ネタバレありますので、まだ見てない方はご注意を。

青天の霹靂

全然ストーリー知らずに行ったけど、、よかったなあ。泣いちゃったよー。何度も。だーって泣いちゃいました。。(T△T)

なんていうか・・親子の愛とかってベタといえばベタなんだけど、グッとくる感じで、ハートフルで・・。「自分も明日からがんばって生きよう!」と思いました^^

最初はちょっとバックトゥザフューチャー思い出しました。タイムスリップして自分の両親に会うってのがね。でも設定はそうだけど、中身はまた違う感じでした。

私が最初に泣いたのは、、ハルオ(大泉洋)のお父さんが死んじゃって、河原で写真見つけた時に「親父・・生きるって難しいなあ・・」みたいにハルオが泣いたとこ・・。まだ映画始まって割とすぐなのに、もう泣かされた・・。ココロつかまれた・・。

「うまくいかんなあ・・しんどいなあ・・何で生きてるんかなあ。。」って何年も何年もずーーーっと思ってて、たまってたまって、抑えきれず、お父さんの死をきっかけにとめどなくあふれ出てきてしまった・・っていう感じがすごくよく出てて・・。あの大泉洋の演技よかったなあ・・。

まあ、自分も多かれ少なかれそういうことはあるわけで、それとリンクしてしまって、ダーーっと涙がでました・・。

あとは、病室でお母さんに、未来のことを聞かれて、「私は?」って聞かれて「生きる理由」みたいに答えたところ・・。うう(T△T)泣いたーー。よかったねえ。。

自分が両親には愛されず不幸だと思い込んでいたことが、実は全然そうではなくて、お父さんのとても優しい嘘に守られていて、本当は2人にとても大切にされてとても愛されていたこと。。

それが分かったことで生きる希望を見つけるんだよね。。うん。。よかったなあ。。

白いペーパーの花が一瞬、情熱の火でボゥッと燃えて、真っ赤な一輪の花になったところも、感動しました。。なんだろう?なんだかシンプルな表現なのにすごく心にぐっときたよ。。

劇団ひとりの書く世界は、切なくて、でも温かいんだよなあ。。

あと柴崎コウは、昭和の美人が似合うなあ、と思った。悦ちゃんという名前がぴったりだった。

それと、バーのマスターは昔から人に紹介してあげるのが天職なんだなあ、と思った。

ペペさんとチンさんの舞台は笑っちゃったーー。

笑って泣いて、ジーンとするいい映画でした~♪ もう一回見たいな。

青天の霹靂

一生懸命な人にはきっと響く/「音楽と漫画と人」戸田誠二

「音楽と漫画と人」戸田誠二

音楽好きの人間の話、漫画好きな人間の話、ショートショートがたくさん。

そこに流れるリアルな人間ドラマがいいんだなあー。

プロをめざしたけれど、あきらめた方の人間や、プロになって、もがいている方の人間。

色んな立場での、悔しさ、焦り、葛藤、悩み・・そして喜びが、ていねいに描かれている。

音楽好き、マンガ好き、そして今何かを一生懸命やっている人には響く作品。

音楽と漫画と人 (Next comics)
戸田誠二 宙出版 2012-03-07
売り上げランキング : 62940
by ヨメレバ
 

「オレの宇宙はまだまだ遠い」益田ミリ/ほのぼのして、ジーン(/ _ ; )。。オススメ

すーちゃん」シリーズや、「週末、森で」、など、益田ミリさんが好きで、新刊が出るたび追いかけていますが、また一つ益田さんワールド全開の素敵な作品に出会えました。

それがこちら。
↓ 「オレの宇宙はまだまだ遠い」

オレの宇宙はまだまだ遠い益田 ミリ 講談社 2012-07-24
売り上げランキング : 12189
by ヨメレバ
これまで「アラフォー女子」の共感話が多かったので、男性目線のお話はめずらしいな~と思ったんですが・・

これが・・すごくいいんです

私の中で益田ミリさん作品中No1に踊り出たかも~(≧▽≦)

本屋さんで働く、「ちょっといい人」土田君(32)が主人公なんですが、何でもない日常に、ときおりぐっとくるシーンがあるんです。

ほのぼのしていて、そして、とっても胸がじわ~・・となるいいお話です。

この主人公の土田君がほんといい人でして・・。つい「がんばれ~」と応援したくなります。
ハートフルな夜を過ごしたい人におすすめです。

(以下ネタバレあります)

 

 

―――――――――――――――――――

話の中に本やまんががたくさん出てくるので、本好きさんはさらに楽しめるかもしれません。

話の中で 「無人島に持っていく本」と「あったかい本」を考えるシーンがあるのですが、自分も考えてみたくなりました。(きっとみんな考えたハズ^^)

(私は「無人島に持っていく本」は「火の鳥 」かなあ・・。人間や世界の壮大さに浸りたい感じですね。。

「あったかい本」は「うさぎドロップ 」が頭に浮かびました。特に1巻のりんちゃんが小さいころ。)

―――――――――――――――――――

あと、この本の中で、私が一番グッときたのが、やっぱり叔父さんとのシーンかな(/ _ ; )。。

「結婚式には間に合わないな」と言ったところ。土田君は必死で冗談で返していたけれど、あの一瞬の間がつらかったです。

あと叔父さんが亡くなってから土田君がお香典返しのカタログを見ているところ。。
「何選べばいいんだよ。」のシーンがいつも読むたび泣けてきます。。うう。。

それから亡くなったお孫さんのために「宇宙兄弟」を買いにくるお客さんのところも。。
胸がギュウ・・ってなります・・(/ _ ; )

オレの宇宙はまだまだ遠い

益田 ミリ 講談社 2012-07-24
売り上げランキング : 12189
by ヨメレバ

↑↑ このマンガの中に出てくるカフェの店員さん、すーちゃんが主人公のシリーズもお気に入りです。

→ レビュー「すーちゃん」益田ミリ

 

 

 

中村パーソンの行方が気になる。。/「俺はまだ本気出してないだけ」青野春秋

「俺はまだ本気出してないだけ」を、久々に一気読み。


style="display:inline-block;width:468px;height:60px"
data-ad-client="ca-pub-3653981871088055"
data-ad-slot="2121097076">


好きなんですよね。このマンガ。

大黒シズオ、いや、中村パーソンが
なんか安心できる、ダメっぷりって感じで。。^^;

40才過ぎて漫画家を目指し始めるおっちゃんの話なんだけど
笑えるし、それでいて、ところどころイイ話が挟まれるのだ。

俺はまだ本気出してないだけ 1 (IKKI COMICS)

青野 春秋 小学館 2007-10-30
売り上げランキング :
by ヨメレバ

シズオのお父さんも好きなんです。
シズオがあまりにだめなので、情けなくてだーって泣いちゃうのが。

シズオのバイト先の若い子が、人殴ってバイトやめちゃったときに
お父さんがバイト君に

「ダメだな・・。でもダメじゃない人は見たことない。」っていうところも好きです。


あとお母さんのシーンは、毎回泣いちゃいます。。

「ごはんづくってくれたあ・・」
うぅ。・゜・(ノД`)・゜・。

――――――――――――――――――――
※追記 2012年9月

ついに最終巻、5巻出ましたね~。
パン屋さんの話、またグッときて泣いちゃいました(/ _ ; )

映画化もされるそうで・・。

大黒シズオが、堤真一かあ~・・。
うーん。かっこよすぎるなあ~。

なんかもっとだめっぽい人・・。
蛭子さんとか?

いや・・なんか
もっとクマっぽいおじさんの役者さん。

ハマり役の人探せば、いそうだけどなあー。


全巻買いでも5冊なので大人買いしても大丈夫。
【Amazon】で「俺はまだ本気出してないだけ1-5巻(全巻セット)」を見る
【楽天ブックス】で「俺はまだ本気出してないだけ1-5巻(全巻セット)」を見る
わ。映画もうDVDになってるんだー。
あれ、堤さん、結構いー感じでダメ感出てるかも~。
【Amazon】でDVD「俺はまだ本気出してないだけ」を見る
【楽天ブックス】でDVD「俺はまだ本気出してないだけ」を見る







今日を大切にしようと心から思える作品/「さよならもいわずに」上野顕太郎

突然最愛の奥さんを亡くしてしまったたマンガ家の
悲しみを描いた実話。

さよならもいわずに (ビームコミックス)上野 顕太郎 エンターブレイン 2010-07-24
売り上げランキング :
by ヨメレバ
本屋で表紙を見たときから、たぶんいい作品だと
思ってたのだけど、きっとつらそうだから
読むのを少しさけていた。

でも「このマンガがすごい」に載っていて
やっぱり読みたくなり、買った。

勘は当たっていた。
いや、予想以上にすばらしい作品だった。

読んだあと胸がいっぱいになってしまい
余韻がしばらく残っていた。

だんなが帰ってきたときに
「ん?どうした?」って言ったくらい
なんだか本当に胸にきていた。

今のだんなとの生活を本当に大切にしようと
心から思った。

「ただいま」「おかえり」が言える幸せを
忘れちゃいけないと。

途中何度も泣いてしまった。

胸にせまってくるシーンがいくつもあった。

たぶんこの作品はこれから何度も何度も
読み返すことになるだろう。

そして読むたびに、日々の幸せを
確認していくような気がする。

こういう作品に出会ったときに
本当によかったな、と思う。

ぐっときたシーンはたくさんある。

(以下ネタバレあり)

 

 

まず生きていたキホさんをだんなさんが
最後に見たシーンのアップの顔。

これがなんとも言えない表情。

キホさんがだんなさんに「いいシリしてまんなあ」とか言って
2人であそぶところ。なんだか本当に切ない。

お通夜に友達が「キホちゃん寒いといけないから」と
青いショールを持ってきてくれて、だんなさんの
張り詰めていた糸が切れてしまうところ。
ここはつらかった。

喪中はがき。
「奥さんのいる人は大切にしてあげてください。」という
のがとても切なかった。
天国で大好きなカニを食べている奥さんの絵がとてもよかった。

そして、一番印象的だったのが、
キホさんのいろんな「おかえり」を集めたシーン。

料理しながらだったり、布団に入りながらだったり
ゲームしながらだったり。。の「おかえり」

とてもリアルだった。
涙が出た。

だんなはもし私がいなくなったらこんな風に
いろんな「おかえり」を思い出すんだろうか?

私はだんなの「ぅいー(ただいま)」を
思い出すのだろうか?

そんなことを思うとまた涙が出てきてしまった。

とにかく本当にいい作品だった。
作者の方は書くのがつらかったと思う。

でも書いてくれてありがとう、と心から言いたい。
さよならもいわずに (ビームコミックス)上野 顕太郎 エンターブレイン 2010-07-24
売り上げランキング :
by ヨメレバ

「特上カバチ!!」で私が毎回泣いてしまうシーン

ナニワ金融道は町金の話だから、ドロドロヒリヒリだけど
カバチタレは行政書士の話で、もう少し人情よりな感じ。

絵が少しソフトだし、事務所のメンバーが仲がいいのが好きだ。
どっちも好きでおもしろい。
(以下ネタバレあり。)

カバチタレ!(1) (モーニングKC (657))[Kindle版]青木雄二,田島隆,東風孝広 講談社 2012-10-23
売り上げランキング :
by ヨメレバ
「カバチタレ」の毎回泣いてしまう話は。。

特上カバチ!!13巻と、14巻

おじいちゃんが酒屋の商売を続けたいけれど、ちょっと物忘れが多くなってきて、息子夫婦がもうやめさせたいっていう話。(こういうおじいちゃんもの弱いんだわ。。)

でもそのおじいちゃんにとっては、人生をかけてきた店だから、年を取ったからってそう簡単にやめたくない。。

携帯ショップで、さんざんややこしいこと言われて、なんとか契約できたのに、どぶに落としてしまうところとか、もうだめ。。いっつもぼろぼろ泣いてしまう。。

で、さんざん息子夫婦と衝突してしまうんだよね。。意地の張り合いみたいになっちゃって。。


最後におじいちゃんが亡くなったあとに、出てきた遺言の中の一文。

「自分と似てるから衝突することが多かったけれど、自慢の息子。」

。。。・゜・(ノД`)・゜・。わあああん

いつもここで涙腺が故障状態に・・。
特上カバチ!! -カバチタレ!2-(13) (モーニングKC)[Kindle版]田島隆,東風孝広 講談社 2012-09-28
売り上げランキング :
by ヨメレバ
特上カバチ!! -カバチタレ!2-(14) (モーニングKC―カバチタレ! (1731))[Kindle版]田島隆,東風孝広 講談社 2012-09-28
売り上げランキング :
by ヨメレバ
 

 

 

「ナニワ金融道」で私が毎回泣いてしまうシーン。

「ナニワ金融道」から「カバチタレ」へと青木シリーズを読み返している。

ナニワの方はマチ金の話だけあって、痛いことが多い。ドロドロ。ヒリヒリ。

ナニワ金融道(1) (講談社漫画文庫)青木 雄二 講談社 1999-03-12
売り上げランキング : 318324
by ヨメレバ
「ナニワ金融道」で読むたび毎回泣いてしまうところがある。

(復活版、全6巻の2巻。単行本や文庫本では何巻かちょっと分かんない。すんません。)

灰原君がダイヤルQ2の商売を思いついて、ある社長に持ちかけたら、最初は商売がうまくいくんだよね。。もう社長が喜んじゃって・・。

灰原君たちを接待するんだけど、接待するのも5年ぶり。夫婦で服も新調しちゃって・・すごくうれしそうなんだけど、実はその商売には穴があって、、。灰原くんは、喜んでいる社長にそれを告げなくてはいけない。

灰原君は土下座して「夜逃げしてほしい」と謝る。すると社長は、灰原君を責めもせずに

「自分がこの話にのったんやから、自分のせいだ。今日は最後まで接待させてくれ」と。

ぅぅー(ToT)/
ここが読むたび泣けるんですわ。。なんか琴線に触れるんだなああ。

あと、カバチタレにも毎回泣いてしまうシーンがある・・。